育毛剤の成分

育毛剤の成分

育毛剤は成分で選びましょう!

育毛剤選び

 

世の中には「育毛剤」と銘打っている商品がたくさんあるので選び方がとても重要になってきます。

 

どの商品が薄毛や禿げに対して有効なのか?どれが自分にあっているのか?
きちんと選ばなければ全く効果がないにも関わらず、高いお金を浪費してしまします。

 

ではどのような成分が入っている商品を選べば良いのでしょうか?

 

実は、医学的に薄毛や禿げなどに有効な成分と認定されているのは2種類しかありません。
それは「ミノキシジル」と「フィステナリド」です。

 

 

実際にAGA治療で病院などにいくと、このどちらかの成分が入っている薬剤等を処方されます。
「ミノキシジル」と「フィステナリド」は医学的に薄毛や禿げに効果があると認めれているということです。

 

 

 

 

育毛剤を選ぶ時の判断材料

 

「育毛剤」を選ぶときは、この2種類の成分のどちらかが入っていることがひとつの判断材料になると思います。
例えば「リアップ」などは「ミノキシジル」が配合されています。
「ミノキシジル」は頭皮の血行を良くし育毛を促進します。

 

「フィステナリド」はプロペシアという薬に含まれていますが、これは市販されていません。
医師の診断や処方箋がなければ日本国内では購入できません。

 

ところがミノキシジルはその副作用が問題になっています。
体毛が濃くなったり、動悸、性欲減退などの症状がみられる場合があるのです。

 

 

成長因子が配合されている育毛剤

育毛剤選び

 

そこで最近の育毛剤で最も注目されているのが成長因子です。

 

AGA治療法の中には「育毛メソセラピー」という方法があります。
これは発毛を促す成長因子を極細の注射針で直接頭皮に注入するものです。
毛母細胞を活性化させ、発毛を促します。

 

今まではクリニックに行って施術を受ける必要がありましたし、1回100,000円前後×6〜12回と高額でした。

 

成長因子配合の育毛剤としてdeeper3dが人気ですが、育毛剤を選ぶ時には成長因子配合かどうかをチェックしましょう!

 

 

成長因子はもともと体内にある成分なので、副作用の心配もないと言われています。
副作用が気になる方も安心して使えそうですね。

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ